まだパンツはいてるの?

俺はプロのノーパンだ

ノーパンのメリット14コとデメリット8コまとめ 〜パンツをはかない理由〜

To be or not to be, that is the question.

シェイクスピアが書いた『ハムレット』の有名なセリフだ。
f:id:daiki12olympians:20180909120029j:plain

 

俺がシェイクスピアだったら次のセリフを入れる。

To wear or not to wear, that's not a question.
パンツをはくか否か、それは自明である。

しかし、いくら俺がこう説いても残念ながら一笑されて終わることが多い。

 

そこで、ネットに出回っているパンツをはくメリット・デメリットをまとめた。

ノーパンになりたくても、友達に知られたときに何がいいのか伝えられないから踏ん切りがつかない、という人にも十分対応している。 

これを基に、読者がノーパンになってくれることを願ってやまない。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ノーパンの定義

ノーパンについて俺と読者の間で齟齬が生じてはいけない。

ここではウィキペディアの定義を拝借しよう。

ノーパンとは、日本において、「ノー・パンツ」または「ノー・パンティー」の略で、下半身に下着を着けていない状態を指す言葉。一般に全裸の状態はこう呼ばず、スカートズボンなど他の着衣はそのままで下着のみを着けていない状態について言うことが多い。

ノーパン - Wikipedia

 

全裸族の人を見て「あ、ノーパンだ」と思ってはいけないということだ。

公式は"ノーパン=いわゆる通常の服装-パンツ"だよ、テストに出るよ。

 

 

ノーパンのメリット

さて、みなさんお待ちかねのパンツをはかないメリットを羅列しよう。

 

1. 身体が軽くなる

物理的な数100グラムのことではなく、精神的な開放感により身軽になれる。
あるいは足の付け根にあるリンパ、そして血液の流れが締め付けられないことで感じられる。

 

2. よく眠れる

ノーパン睡眠という健康法が流行ったが、これも血液の流れを阻害せずにいるおかげかもしれない。布団に入ってからも身体が気持ちよく感じる人も。

 

3. 脚がむくまない

これもおそらく同じ理由。

 

4. “透けパン”で恥ずかしい思いをしなくて済む

タイトで薄い色のパンツを履いていてカラフルな下着が透け透けの女性がたまにいる。これほど恥ずかしいことはないが、ノーパンなら心配無用。
陰毛が心配だ、という人はそれも剃ってしまおう。
浴衣などを着るとパンツのラインがくっきり見えてしまうこともある。これもノーパンなら心配ナッシング!

 

5. トイレが楽になる

ズボンだけ下ろせば良いので用を足すまでのプロセスが1つ減る。
"ズボン→パンツ→息子"
ではなく
"ズボン→息子"
になり、スマートに用が足せる。

 

6. 洗濯物が減る

パンツ1枚とはいえ、洗濯機に入れる手間、干す手間、取り込む手間と1回の洗濯につき3プロセスを減らすことができる。
1回で4枚ほどパンツを洗濯する人だと、3プロセス/枚 × 4枚=12プロセス減らすことができるのだ。
脱、洗濯のストレス!

 

7. パンツを買う必要がなくなって節約になる

消耗品であるパンツをいちいち買う必要もなければ、「やべ、パンツ買わないと」という世の中で最もいらない心配事をしないですむ。
くだらないことでウィルパワーを使うな!

8. 食い込みから解放される

お尻に食い込んだ下着をなんとかしようと必死になったことはないだろうか。
ノーパンならそのパンポジ面倒ともサヨナラ。

 

9. 自信がみなぎる

どんな下着もノーパンの色気には敵わない。
ブラジャーとセットのレースのランジェリーがセクシーだと思う女性もいるだろう。でも、ジーンズの中が裸であるほうが、圧倒的にセクシーな気分。
好きな人と話をする時に自信となり、その自信はモテにつながる。

 

10. 恋人とのマンネリも解消できる

恋人との間にもう少し刺激的なことが必要な時、ノーパンは最適。
好きな人に「下着をつけてない」と言ってみて、性欲が急上昇するから。外出中に恋人の耳元でそうささやくと、あなたのことで頭がいっぱいに!

 

11. 感染症を予防できる

Alyssa Dweck医師は『Shape Magazine』で、女性が下半身を常に下着で覆っているとより湿った状態、つまりイースト菌の繁殖を助長する状態になると述べた。
感染症のリスクが高まると思っていた方は多いのでは?あなたのありパンの方が感染リスク高いですよ!

 

12. あらゆるズボンを履きこなせる

どうしても特定のズボンに合わないパンツがある。ほんの少しの厚みが加わるだけで、ジーンズがきつくなってしまうなど。
どんな下着を合わせるかと悩む必要がなくなり、やはりノーパンがベスト。ワンサイズ小さめのジーンズを買うこともでき、気分は最高!

 

13. 変わった感覚がやみつきになる

ノーパンで過ごすと幸福感を味わえる。
座るたびにちょうどいい感じに繊維がお尻に触れるジーンズと組み合わせたときなどは"ああ、ノーパンっていいな"と心底思える瞬間だ。

 

14. 開放感を堪能できる

今まで様々なメリットを並べてきたが、やはりこれが最強のメリット。
股間付近を風が通り過ぎる瞬間などは筆舌に尽くしがたい。英語で言うbeyond descriptionである。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ノーパンのデメリット

反対に、ノーパンによって起こり得る不具合をリスト化した。

 

1. ズボンが汚れる

パンツは洗濯しなくてもズボンを洗う必要が増え、分厚いジーンズとかをはかなくなったという人も。

 

2. ズボンのジッパーを上げる時に毛が絡むので気をつけないといけない

実際に陰毛を巻き込んでしまう例もいくらか見受けられた。
ノーパンになりたてでノーパン偏差値が2の頃はたしかに気をつけるべきなのかもしれない。

 

3. ジッパーを閉め忘れるとマズい

パンツをはいていれば優しく指摘してくれる人も、ノーパンだとさすがに触れないケースが多いのではないか。
社会的な制裁が加えられる可能性が潜んでいる。

 

4. 知られると引かれる

カミングアウトすると、反応が2分される。面白いやつと思ってくれるか、思いっきり不快感を露わにされるか。後者の場合、その後の人間関係に影響が出るかもしれない。

 

5. スカートをはけない

ノーパンスカートでの外出は非常に危険性が高い。
デメリット3のジッパーを常に半分閉め忘れているようなものだ。これも大きな力による措置が取られる可能性がある。

 

6. なんとなく不安

ズボンを不意に脱がされる、もしくは脱げる状態になったときに自分を守ってくれる者はなにもいないという不安感を抱く人も。
たしかにノーパンでガッポイはできぬ。
matome.naver.jp

 

7. 生理のときに困る

これはスカート問題と同様、女性にとって大きなデメリットになるのでは。
普段はノーパンの人も、生理中は仕方なしにパンツをはく女性も多いそう。

 

8. 尻が痛くなる

ノーパン初心者は尻がズボンと擦れて尻が痛いという予想外のアクシデントに見舞われる人も。
ユニクロの黒スキニーで痛みを感じる人もいるので、初心者はズボンの素材を選んでトライしてみよう!

 

 

ここまで8つのデメリットが挙がったが、1~4についてはこれらの記事で既に対処法を伝授してある。
www.12olympians.site


www.12olympians.site

 

デメリットを潰してノーパンに踏み切りたい人はぜひ参照してみよう。

 

 

結論

さて、いかがだっただろうか。

ここまでメリットがありデメリットが少ないことをわかった上でもノーパンライフに切り替えられない人は俺と分かりあえないし、これ以上分かりあおうとしなくといい。

 

世の中には2種類の人間がいる。パンツを24時間はく人間と、パンツをはかないでも大丈夫な人間だ。

これが自然の摂理であることが証明されるだけだ。