まだパンツはいてるの?

俺はプロのノーパンだ

パンツを脱ぐと自信がつくのか?

去年の夏だっただろうか?

最強サラリーマンとして知られる田端信太郎さんが『ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言』を著され、それはそれは話題になった。

現在は総額1億円ばら撒きお年玉で話題となったZOZOのコミュニケーションデザイン室長として活躍されている田端氏だが、彼にはどうも他人のパンツを脱がせることにこだわりがあるらしい。

この本では、彼自身がジャンプしている表紙をめくると、「さあ、パンツを脱げ!」と書いてある。ãç°ç«¯ä¿¡å¤ªé ãã³ããè±ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

…もうとっくの昔に脱いどるわ!

それだけでなく、この本の最後に「お前もパンツを脱げ」などとノーパンを要求するような言葉を残している。

本作では高学歴者などの邪魔なプライドをパンツで例えているらしいが、
物理的にパンツを脱ぎノーパンになることによってプライドを捨て、自信をつけることはできるのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

 

 

自信 

まずこの本に書かれていることだが、自信には2種類ある。confidenceとself-esteemだ。

confidenceは自分の内側から湧き出る自分自身の強さから生まれる自信であるのに対し、
self-esteemは「電○に勤めているなんて、すごい!」などの他人から承認された自分の価値ゆえの自信を指す。

俺とノーパン人口増やそう同盟を組んでいる田端氏はconfidenceを重視していて、self-esteemから生じるエリート意識が多くの人の足かせになっていると言う。

 

 

confidence

はたして、パンツを脱ぐことによってconfidenceはつくのか?

結論から言うと、つく。

 

既に周りの人に自分がノーパンだということを知られている場合、 なにかやらかしても基本的に「まあ、あいつノーパンだしな」で済むことが多い。ノーパンは免罪符とも言える特権なのだ。

「ノーパンのくせになにやってんだよ」と叱られることは稀、いわんや「これだからノーパンは困る」をや。

そのため、自分がやりたいことをやり抜いても誰も不快な感情を抱かせることがない。成功したら自分がすごいから、あるいはノーパンだから。失敗してもノーパンだからしょうがない。

しかも、成功したら「あいつノーパンなのになかなかやるなー」と最初の評価がマイナス寄りなのも加わり、少しの成功でも大きく見せることができる。真面目で丸眼鏡かけたいかにも優しそうな人が手を差し伸べるよりも、ヤンキーがちょっと優しくする方が萌えるのと同じ理屈だ。

何をやっても咎められないこの状況でどうやってconfidenceがないというのか。

そう、俺はノーパン、俺は強い!!

並々ならぬconfidenceが内側から湧き出てしかたがない。

 

まだ周囲にノーパン告白をしていない場合、「ノーパンがバレることに比べれば」と常にそれよりも悪いケースを想定することによって「失敗したって大したことないや」と気楽に構えることができる。

気負いすぎは鬱の原因にもなり得る。精神衛生を保つためにもノーパンは必須。

さらに、何をやっていても「みんな知らないけどこれやってるのノーパンなんだよね、ウケる」とどこか余裕を持つことができる。この余裕こそがconfidenceの源であり、それはいずれモテにつながるだろう。

 

ノーパン=余裕のある男=confidence=モテる!!

 

 

self-esteem

では、一方のself-esteemはどうだろう?

俺は今までに「あの人ノーパンなんだって、すごくね?」や「あ、ノーパンの竹中だ、握手してください」などと詰めかけられたことは1度たりともない。というより、世間一般の常識からしたらノーパンであることを他人が「価値のあるもの」として認めることはないらしい。

そのため、他者からの過剰なヨイショを回避することができ、下手な高揚感を味わうことなく現実を見ることになる。

持ち上げられっこないよ、ノーパンだもの。

 

ノーパンになることにより、たしかに変なプライドは消える。

そこで徹底的に現実主義になることにより多くの成功を収めることができるだろう。

「誰に向かってモノを言ってるんだ。俺はノーパン様だぞ」と威張るノーパンはただのイタいヤツですね。ノーパンを語る資格なし、出直してこい。

 

 

まとめ

以上より、ノーパンはconfidenceを生み出し、self-esteemを排除する最高のコンディションであることが証明された。

田端氏も実は常時ノーパンなのでは?

 

ここから導き出される結論はただ1つ:自信をつけたい人はノーパンになろう!

その第1ステップとして所持しているパンツを今すぐゴミ箱に入れましょう!

 

大丈夫、嫌われることないよ。
ノーパン男は女子から嫌われる?彼女は?

 


Amazon:ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言