まだパンツはいてるの?

俺はプロのノーパンだ

フレンチディフェンス 〜初心者でも使えるチェスのオープニングその6〜

チェスのオープニングには山ほど種類がある。

その中でも初心者が知っておきたいオープニングが以下の10種類だ。

1.クイーンズギャンビット
2.シシリアンディフェンス
3.キングズギャンビット
4.ニムゾインディアンディフェンス
5.ルイロペス
6.フレンチディフェンス←今ここ!
7.フライドリバーアタック
8.カロカン
9.ロンドンシステム
10.スラブディフェンス

今回はこの中の6.フレンチディフェンスについて詳しく見ていこう。

f:id:daiki12olympians:20181103113415p:plain

 

スポンサードリンク

 

 

概要

フレンチディフェンスは中盤以降にクイーン側から反撃に出たい方にオススメの堅い守りだ。

さらに、最初から激しい駒の取り合いはあまり起こりにくいため穏やかなオープニングが好きな方に向いている。

 

第2次世界大戦中のフランスによるマジノ線のようなザルな守りとは正反対である笑

 

さっそく駒の動かし方を見ていこう。

注意していただきたいのが図では盤の設定上白の視点から見ているが、黒番でプレーするときに使う手という点だ。

 

駒の動かし方

今から表示する棋譜などはこのマスの表示を使用する。

f:id:daiki12olympians:20181103121618p:plain

棋譜でわからないことがある方はこちらを参照されたい。

棋譜の読み方 - チェス入門

 

基本形

1.e4 e6からスタートし、多くの場合はここから2.d4 d5と展開する。この動きによってa2からf7までの白いマスを支配し、白が3.Bc4などとビショップを展開させることを防いでいる。
しかし、同時に自分の白いマスにいるビショップも自分のポーンで閉ざされているため、将来的にb6などと動かしてビショップの通り道を作ることを考えている。

 

定跡でない動き

ここで白が3.exd5とd5にあるポーンをとってしまうと黒も同じくexd5とポーンを取り返し、d列からポーンが消滅するドローに近づく形となってしまう。

また、3.Nf3と白がナイトを展開させることもあるが、正直黒にとってこれは全く怖くない。
というのも、ナイトがf3にいるときに睨みが効くd5にもe4にも黒は駒を進める気がないからだ。

もし3.Nc3となったらNf6と同様にナイトを展開させ、4.e5と突かれたらNd7と逃げよう。一見自分のビショップとクイーンを閉じ込めているように見えるが、もともとこの2つの駒は動きにくかったためさほどデメリットは存在しない。

 

スポンサードリンク

 

 

定跡

今までは白によるマイナーな動きの対応を紹介したが、白の多くは3.e5とポーンを前進させる。

これに対してはc5と3つ目のポーンを動かし、d4にいる白のポーンを攻撃しよう。

これに対して白は3つのメジャーな対応をとる。

 

Nf3と動いた場合

4.Nf3と動きd4にいるポーンを守る動きに対しては、Nc6ともう1枚d4のポーンを攻撃する駒を増やそう。

これに対して5.c3と守りの駒を増やされたなら、こちらもQb6と攻撃の枚数を増やして対抗しよう。

6.Be2と白が動かす場合1

ここで、多くの場合白は6.Be2とビショップを展開すると同時にキング側でキャッスルする準備を整える。
白がこの動きでなくとも、次の黒のNh6は白に罠を仕掛ける動きだ。

一見ただのナイトとビショップの交換で黒がh列にダブルポーンを結果的に作るように見える。
しかし、黒の狙いはc1にいるビショップを外し、Qb2と敵陣深く攻めることだ。

もしナイトがd2に動いたらc3のポーン、もしくはh6のビショップが手に入り、

c3のポーンをとってナイトをピン止めした図

h6のビショップをとった図

白がナイトを動かさないとルークが手に入る。

 

6.Be2と白が動かす場合2

6.Be2の直後ではなく、1手後に先程の罠を仕掛ける手だ。

まずはcxd4と白のポーンをとり、7.cxd4と交換する。

このように罠に引っかからずにキング側でキャッスルされても、Nf5と動かせば中央の支配は堅くなる。

同じく罠に引っかからずにc3とポーンを動かされても同様にNf5とナイトを中央に近づけ、

c1にいる白のビショップが動いたらすかさずBd4とチェックをかけるのが良い。

Nd7とブロックされても

Nc3とブロックされても

Kf1と逃げられてもいずれも黒のほうが場の主導権を握った形となる。

 

相手を褒めるしかない手

以下の手を指されたら相手を称賛するしかない。

このように書くと黒が不利な状況に陥ったように思われるかもしれないが、実際は互角を保っている。

6.Be2 cxd4 7.cxd4 Nh6 8.Nc3 Nf5 9.Na4 Qa5+ 10.Bd2 Bb4 11.Bc3この手を正確に指されると黒が駒得になることがなく、他の攻め方を考えなくてはいけなくなる。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

 

フレンチディフェンスは堅守からの反撃が得意な黒にとって心強いオープニングだ。

ぜひマスターすることをオススメする。