まだパンツはいてるの?

俺はプロのノーパンだ

俺が留学しているアーラムカレッジって?

俺が2年間のアメリカ留学中だということは何度も話をしてきた。

この記事では、俺が通っているアーラムカレッジ(Earlham College)について少し詳しく説明しよう。

 

 

目次

 

基本情報

創立年

1847年

ペリーが浦賀に黒船で来航したのが1853年と考えると、歴史ある大学だとわかるだろう。
マニアックな情報をあげるとすれば、滝沢馬琴が亡くなる1年前であり、江戸幕府第14代将軍の徳川家茂が生まれた1年後である。 

 

場所

801 Nationa Road West, Richmond, Indiana 47374
が住所だ。

経緯で表すと、39.7620884°N 89.382882°Wとなる。

北緯40°は秋田県とほぼ同じくらいだ。他にはマドリード(スペイン)・タラント(イタリア)・アンカラ(トルコ)・バクー(アゼルバイジャン)・北京(中国)・ニューヨーク(アメリカ)がほぼ同じ緯度に位置する。

西経90°に近い都市をあげようとしたが、メキシコのユカタン半島やグアテマラを通るぐらいで、日本人に馴染みのある土地名がなかった…

ざっくりシカゴの南東だと思っていただければいい。

 

電話番号

+1 765-983-1600

 

Eメールアドレス

admission@earlham.edu 

 

規模

非常に小さい。

今秋からの新入生・転入生合わせて300人弱なので、合計で約1200人だ。

授業も20人以下のクラスが大半であり、50人以上のクラスは全体の5%にも満たない。
政治経済学部の1学年で700人程度生徒が在籍する早稲田では考えられない少なさだ。

面積も800エーカー=3.2375平方kmなので大きく感じるかもしれないが、そのうちの600エーカーが森やプレーリー、球技場なので日常的に使う面積は狭い。

 

学校の種類

私立

アメリカの大学は日本人の想像以上に授業料が高い。
子供をハーバード大に入れたければ、最初にすることは英才教育ではなく"貯金"というジョークがあるくらいだ。

アーラムカレッジの授業料は$45,000/年なので、日本円に換算すると約¥4,500,000/年となる。
4年で1,800万円と考えると、日本の一般的な私立の医学部に6年間通わせるのと変わらない… 

後述するが、今回の2年留学は俺の家族が$45,000×2=$90,000の全額を負担してくれているわけではない。

カレッジ

英語で”大学”を表す言葉は大きく2つある。UniversityとCollegeだ。

Universtityとは、大学院が設置されている総合大学を指す。一方で、Collegeとは単科大学という意味だ。

アーラムカレッジは名前の通りカレッジ(単科大学)である。リベラルアーツ大学なので単科大学扱いだが、後述のように様々な学部が設置されている。

共学

男子校でも女子校でもない、共学だ。

男女比で言うと、男4.5:女5.5(どちらでもないなど複雑な事象はあえて考えない)と、若干女子学生の方が多い。 

 

宗教

キリスト教、特にクウェーカー

クウェーカー教徒が19世紀前半に東海岸から移住した際にインディアナ州リッチモンドに教徒のための学校として創立された。

1865年に教徒以外にも開かれたが、現在でも1割強の教職員と生徒がクウェーカー教徒である。 

 

留学生向け奨学金

ある。

俺は早稲田大からのダブルディグリーというプログラムで留学しているので参考になるかどうかはわからないが、授業料の半額をJapan Studyという、五大湖周辺のリベラルアーツ大学と日本の大学を繋ぐ組織が出してくれている。

アーラムカレッジは1960年代とアメリカでも早い段階で日本研究のコースを開設したので、日本とのつながりが強い。日本留学プログラムを通して多くの学生を日本に送り出していて,アメリカの中での日本語教育,日本研究では伝統ある大学の1つだ。

キャンパス内にJapan Studyの本部がある所以でもある。

 

設置学部(マイナーのみ含む)

全47種類

・African & African American Studies(アフリカ系アメリカ人研究)
・Ancient and Classical Studies(考古学)
・Archaeology(建築学)
・Art(美術)
・Athletics, Wellness & Physical Education(体育)
・Biochemistry(生物化学)
・Biology(生物学)
・Chemistry(化学)
・Chinese Language(中国語研究)
・Chinese Studies(中国研究)
・Comparative Languages & Linguistics(比較言語学)
・Computer Science(コンピューター科学)
・East Asian Studies(東アジア研究)
・Economics(経済学)
・English(英語)
・Environmental Sustainability(環境保護研究)
・Film Studies(映画)
・French & Francophone Studies(フランス学)
・Geology(地学)
・German Language & Literature(ドイツ語研究)
・Global Management(グローバルマネジメント)
・History(歴史)
・Human Development & Social Relations(人間社会学)
・International Studies(国際関係学)
・Japanese Language & Linguistics(日本語学)
・Japanese Studies(日本研究)
・Jewish Studies(ユダヤ研究)
・Languages and Cultures(言語と文化)
・Master of Arts in Teaching(教育学)
・Mathematics(数学)
・Museum Studies(博物学)
・Music(音楽)
・Neuroscience(脳神経学)
・Peace & Global Studies(平和学)
・Philosophy(哲学)
・Physics & Astronomy(物理&天文学)
・Politics(政治学)
・Psychology(心理学)
・Public Health(保健)
・Public Policy(公共政策)
・Quaker Studies(クエーカー研究)
・Religion(宗教学)
・Sociology & Anthropology(社会学&文化人類学)
・Spanish & Hispanic Studies(スペイン&ヒスパニック研究)
・Teaching English to Speakers of Other Languages(英語教育学)
・Theatre Arts(演劇研究)
・Women's Gender, Sexuality Studies(ジェンダー論) 

 

ランキング

2018年8月7日に発表されたThe Princeton Reviewでは、"Best Classroom Experience"で全米7位、"Most Active Student Government"で全米20位にランキングされた。

Forbes調べでは、全米650の大学の中でトップ20%、アメリカ中西部でトップ25校にランキングされた。

U.S. News and World Reportでは全米178のリベラルアーツ大学の中で、総合68位、海外からの生徒の割合の高さでは4位にランキングされた。

1996年にLoren Popeが著した"College That Change Lives"で挙げられた40校の1つである。

 

要求される英語のレベル(留学用)

TOEFL 80以上
ダブルディグリープログラムを目指すには90以上

IELTS Band 6以上

 

ウェブサイト

Earlham College - A national liberal arts college in the Midwest

 

Googleで検索したら、このようにまとめてあるページがあった。

アーラムカレッジの大学情報

1847年創立。学長から学生までファーストネームで呼び合うフレンドリーな雰囲気をもつ、小規模なリベラルアーツカレッジ。インディアナ州の東部、オハイオ州との州境にある町リッチモンドに位置する美しいキャンパスは、学びの場としてだけではなく、憩いの場としても最適。人気の専攻分野は生物学、心理学、ビジネス、英語学、発達心理学などで、教授陣は一人ひとりの学生に行き届いた丁寧な指導を行う。学生の多くは、大学卒業後あるいはいったん社会に出たあと再び大学院に進学する。

アメリカ留学のための大学情報サイト:アーラムカレッジ/Earlham College(インディアナ州)の大学基本情報

実際、大学で教授のことをファーストネームで呼ぶことは珍しい。

早稲田のゼミでお世話になっている田中孝彦教授に"タカヒコ"と呼ぶのはだいぶ気が引ける。"たかひこちゃん☆"だったら酒の席では許されるだろうが。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

写真を交えて 

入口

f:id:daiki12olympians:20180829115939j:plain

f:id:daiki12olympians:20180829115952j:plain

National Road Westから大学に入る風景。

 

メインの建物

f:id:daiki12olympians:20180829120012j:plain

メインの建物と言ったが、これはキャンパスの中心にある寮だ。

この寮の1階にカフェテリアや学生相談室、救護室などがある。

 

f:id:daiki12olympians:20180829120146j:plain

これは俺が住んでいるOlvey-Andis Residence Hallという寮だ。

他にも7つの寮がキャンパスのあちこちに点在してる。

 

f:id:daiki12olympians:20180830130736j:plain

f:id:daiki12olympians:20180830132902j:plain

こちらが寮の2人部屋を最初に開けたとき様子だ。

現在はこのようになっている。

f:id:daiki12olympians:20180830130948j:plain

f:id:daiki12olympians:20180830130959j:plain

f:id:daiki12olympians:20180830131024j:plain

1枚目がルームメイトであるサムの机とベッド。
2枚目がルームメイトのテレビ・ゲームとDVDに占拠されたタンスの上のスペース。
そして3枚目が俺の机とベッドだ。

学生の80%以上がキャンパス内の寮に住み、残りの15%程度がCampus Village Apartmentというキャンパスから少し離れた集合住宅のような場所に住んでいる。

 

カフェテリア

このようにビュッフェ形式で学生が好きなものを好きなだけ食べれることができる。

サラダ・ピザ・パスタ・本日のメニュー・肉を食べない人用・デリ・デザート・ドリンクのように別れている。

 

これが某日の朝食。

朝食にはサラダが用意されていないためフルーツを食べないと栄養が偏ってしまう。

 

同日の夕食。

この日の昼に炭水化物を多く摂取したためタンパク質メインにした。

ちなみに昼食の写真は撮っていない。

 

芸術センター

演劇用のシアターやコンサート用のホール、楽器練習部屋、被服室、アトリエなど芸術用の建物だ。

2014年に新しく建てられたので、他の建物に比べると開放感が味わえる。

 

キャンパス

当たり前のようにリスが走り回っている。

こう書くとほのぼのしていて良さそうだが、周りはトウモロコシ畑に囲まれている、ぶっちゃけド田舎だ。

近くの町にもこれと言って遊ぶ場所はなく、監獄のような場所である。インディアナポリスやオハイオ州のデイトン、シンシナティといった大きな街まで車で1時間ではたどり着かない。

 

 

まとめ

結構なボリュームの情報を載せたが、なんとなくのイメージが湧いただろうか?

日本人に優しい大学ではあるが、いかんせん近くに何もないので留学先で手軽に観光したい・遊びたいと思っている人には不向きであることは間違いない。