まだパンツはいてるの?

俺はプロのノーパンだ

多様性と脱本質主義のパラドックス

パラドックス、それは頭をこんがらせる原因の1つ。

 

Wikipediaによると、

パラドックス(paradox)とは、正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論が得られる事を指す言葉である。 逆説、背理、逆理とも言われる。

パラドックス - Wikipedia

f:id:daiki12olympians:20181020052904p:plain

決して好んで考えたいものではないが、日常の中に非日常を入れるという面でたまに考えてみるとおもしろい。

 

さて、そんなパラドックスなのだが、最近授業で学んだ中で、自分で勝手に考えてパラドックスもどきにあっているものがあった。

 

スポンサードリンク

 

 

 

1つ目が多様性に関するものだ。

 

最近、至るところで多様性に関する議論が広がっている。

ツイッターでは茂木健一郎さんが日本に多様性が足りないという問題を投げかけている。



ふむふむ、なんとなくわかる気がする。

たしかに早稲田の授業で隣の席にお婆ちゃんが座って講義を受けていたことがあったが、彼女が50浪だとは誰も思わない。

医学部に関しては、同じだけの教育コストを生徒にかけるなら長い間社会に貢献してもらえるから現役受験生を優先するという考え方もあるだろうが、茂木ちゃんはその点に関しても考えがあるのだろう。 

そういえば、浪人に関してはジャルジャルのコントでハマっていたものがあった。

www.youtube.com

まあ、ぶっちゃけ1浪だろうが2浪だろうが大学に入って仲良くなってしまえば関係ないことなのだが。

 

しかし、俺が考えていた多様性のパラドックスとはその点ではない。

多様性を求めすぎると、多様性を認めない価値観を潰しその価値観が存在するという多様性を認めないのではないか、という点だ。

多様性を認めるな、と言っているわけではない。

多様性を認めなければ多様性が促進されないことぐらいはわかっている。

しかし、多様性多様性と叫んでいる人たちはそれ自体が多様性を失っていることに気づいて叫んでいるのだろうか。

www.youtube.com

1時間ほどあるこのドキュメンタリーを見て考えてしまったことだ。

 

スポンサードリンク

 

 

 

もう1つが脱本質主義に関するものだ。

脱本質主義も初見では意味がわからないので、これまたWikipediaに頼ってみよう。

…と思ったが、Wikipediaにはなかったため、あえて本質主義の説明を載せる。

本質主義(ほんしつしゅぎ、英: essentialism)とは、本質(事物の変化しない核心部分)を自立的な実体、客体的な実在物であるとみなした上で、個別の事物は必ずその本質を有し、それによってその内実を規定されている、という考えをいう。

本質主義 - Wikipedia

 

これを基に考えると、脱本質主義とは本質を自律的な実体・客体的な実在物であるとみなさず、個別の事物はそれまでの社会的流れの影響を受けて認識される、という考えをいうのだろう。

 

その当時の多数派が考えている文脈で物事が認識される、の例として

昔、地球は平らだった

が挙げられるだろう。

あまり歴史は詳しく知らないが、コペルニクス以前の多数派は地球は平らだと信じ、それがその時代の事実だった、的な。

 

うん、難しいが話を続ける。

 

一番意味がわからないのが、脱本質主義者はどのようにして自分たちが脱本質主義者と名乗るのだろうか、という点だ。

脱本質主義に基づくと、脱本質主義の本質も社会を構築する流れによって変動する。

どのようにして、自分たちが脱本質主義者と後世に残すのだろうか。その時代には今の脱本質主義の本質とはちがう本質の脱本質主義がはびこっているのかもしれない。

そもそも、本質から離れようとしているのに「こう考えるから私は脱本質主義者だ」と定義づけているのは自己矛盾なのか?

 

 

うーん。わからない。

 

 

ちなみにパラドックスつながりなのだが、こちらのリンクには俺の思考を遥かに超越した論理や数学などが使われたパラドックスが紹介されている。

気になる人はぜひ頭を悩ませてほしい。

atarimae.biz

 

ここで紹介されている、モンティ=ホールの確率問題と誕生日については高校生のときに考えたことがあったが、当時は全くわからなかった。

久々に考えてみると、筆者の手助けもあって解くことができ、快感を覚えた。

 

 

しかし、この昔のツイートの問題はまだ解けぬままだ。

これの発展版として、

「恋してる自分に恋してる人が恋してる自分に恋してる人に恋してる人に恋してると恋してる自分に恋してる人と恋してる自分に恋してる人に恋してる人はうまくいくのか?」

というものもあった。

 

さっぱりである。

誰か頭のいい人教えてください。