まだパンツはいてるの?

俺はプロのノーパンだ

大鐘良一著『ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験』からパイロットになる人間を考察した

空を飛ぶ それは人類の夢であり、希望であった。 かく言う俺も空を飛ぶことに魅了されてきた少年だった。あの青い空を自由に駆けれたらどれだけ楽しいだろう。 そんな少年時代の俺の夢はパイロット。自分だけでは飛べないかもしれないが、飛行機を操縦するこ…

田端信太郎著『これからの会社員の教科書』で逆算の重要性を再確認した

田端信太郎が著した『これからの会社員の教科書』を読んだ。 彼は新卒でNTTデータに入社、その後リクルートやライブドアなどを転々とし、LINEやZOZOの執行役員としてビジネスの世界を渡り歩いてきた男だ。お手本とすべきサラリーマンと言ってもいいだろう。 …

『私の財産告白』を読んだら副業に関する考えが変わった

本多静六が著した『私の財産告白』を読んだ。 彼は貧農に生まれながらも東大の教授となり、そのお金に対する素朴な姿勢から巨万の富を成し、最後にはそれらを寄付に回した大富豪だ。 正直なところ、彼の投資法などお金の増やし方について知りたかったので読…

『マネーという名の犬‐12歳からの「お金」入門』がめちゃくちゃ役に立ちそう

ボード=シェーファーが著した『マネーという名の犬‐12歳からの「お金」入門』を読んだ。マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門 俺は、恥ずかしながら、政治経済学部に所属していながらも、ほとんど政治の勉強しかしていないので経済や金融の知識はほぼ持…

男女で能力が違う事実を受け入れることになにを怯えているのか

ここ数年だけではないかもしれないが、フェミニズムが物議を醸すことが度々ある。 フェミニズムに関して1日に500近いツイートがされることはもはや日常茶飯事であり、感覚的に2ヶ月に1回ぐらいはフェミニズムについて炎上しているツイートを見かける。 その…

『君たちはどう生きるか』を21歳が読んだ感想

Earlham Collegeで過ごす最初の秋学期が終わり冬休みに入ると暇を弄ぶ以外にすることがなくなった。インディアナどこに行くにも不便すぎて旅行の最初の1歩からだるいので結局冬休みも寮に居続けるんじゃないか— 竹中 大輝 (@heizoheyhey) December 16, 2018 …